2011年9月3日

代表略歴

代表取締役  高森 厚太郎(たかもり こうたろう)

数字とロジックで経営と現場をExit(IPO、M&A、優良中堅)へナビゲートするベンチャーパートナーCFO

大学卒業後、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。関西地区の中堅中小企業向け融資海外投資プロジェクトの管理回収に従事した後、MBA教育機関(グロービス)に転じ、eラーニング事業を立ち上げ、エンドベース売上2億円に育てる。その後、音楽・映画・ブロードバンド通信コングロマリット(GAGA/USEN)にて、BB動画配信GyaO!立ち上げ、「手紙」など邦画製作、海外共同製作フィジビリティスタディ、音楽出版社経営管理など、グループのエンタメコンテンツビジネスの3つの創造・3つの再生を手がける。

現在は、コンテンツビジネスやアーリーステージベンチャーを中心に攻めのパートナーCFOを担うプレセアコンサルティング株式会社の代表をつとめる。直近では、Ed-Techベンチャー取締役として、コンテンツ部門及び管理部門をマネジメントし、1年で売上を倍増させつつ、上場準備を行う。並行して、デジタルハリウッド大学院客員教授、グロービス・マネジメント・スクール講師麹町アカデミア事務頭等も務め、事業や個人のプロデュースに注力している。

学士(東京大学法学部)、修士(デジタルハリウッド大学院、筑波大学大学院ビジネス科学研究科)
中小企業診断士(No.414831)、事業再生士CTP、一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)、AFP、M&Aシニアエキスパート、GCS認定プロフェッショナルコーチ、日本NLP協会認定NLPプラクティショナー

専門分野

コンテンツビジネスやアーリーステージベンチャーの経営参謀(攻めのパートナーCFO)
(事業計画策定を通じた成長戦略導出・実行支援、管理会計と体制構築・運用支援、資金調達・人材採用・M&Aアドバイザリーなど)
マネジメント系の研修講師
(論理思考、問題解決、定量分析、マーケティング、会計・財務、ビジネスモデルデザインなど)

著書/活動実績

「新版MBAクリティカル・シンキング」(共著:ダイヤモンド社 2005年)
eラーニング「eMBAマネジメントシリーズ 全7本」(グロービス)のプロデュース、ディレクション
・映画「手紙」他製作委員会幹事、映画「鈍獣」他製作法務 等多数
・オープンスクール、研修講師 等多数